鳩の対策と駆除は専門業者に依頼|国内におけるハチ被害

平和の象徴が

ハト

「平和の象徴」も、時には害になりうる

日本では「平和の象徴」として知られている鳩ですが、近年鳩による様々な害が問題視されています。もともと鳩は、古来から人間の生活に密着してきた鳥で、家畜として飼育される鳥として代々大切にされてきました。今でも、都市部を中心に沢山の鳩を見ることが出来ます。まさに、私達の身近な存在の鳥と言っても過言ではないでしょう。しかし、身近な存在ゆえ、時に人間に害を与えることがあります。特に深刻なのが、「糞害」です。糞は街の景観を損ねたり悪臭を放つだけでなく、ダニやゴキブリなどの害虫が発生したり、様々な菌を媒介するなど、様々な悪影響があります。そのため、最近では鳩の駆除や糞害対策が積極的に行われています。古来から大切にされてきた鳥ですが、皮肉にも今では駆除の対象となっているのです。

知っておくと役立つ、様々な習性

私達の身近な存在である鳩は、あまり知られていないものの、様々な習性を持っています。まず、鳩は他の鳥と異なりいつも決まったエリアで行動する習性があります。全体を見渡すための場所、羽休めをする場所、餌を取るための場所、巣を作る場所など、それぞれ決まったスポットを定めているのです。糞が一箇所に集中するのは、この習性によるものです。また、この害鳥は安全な場所に巣を作る習性があり、外敵から巣を守れる上にヒナへの餌やりも容易に出来る「ベランダ」に巣を作る傾向にあります。もし自分の家のベランダに巣を作ってしまった場合は、巣を駆除したり捕獲したり何らかの対策をする必要があります。しかし、実は鳩は「鳥獣保護法」によって保護されている鳥であるため、巣の駆除には自治体への申請、許可が必要です。十分注意しましょう。専門の駆除業者であれば、そういった申請・許可から対策と駆除までを一貫して行なってくれるため、鳩による被害で悩んでいるのであれば専門業者に駆除を依頼することをお勧めします。

専門業者に頼む

女の人

アシナガバチは、人の住む地域でも多く見られるハチです。スズメバチには及びませんが、アシナガバチも年間を通して多くの被害を発生させており、警戒すべき害虫とされています。

詳しくはこちら

新たな被害

作業員

日本ではほとんどの南京虫駆除をしたので、ほぼ見ることはありませんでしたが、南京虫は海外からの旅行者などの荷物に紛れて、日本にやってくる機会が増えたとみられています。 その場合適切な駆除を行うことが大切です。

詳しくはこちら

早急に依頼を

作業スタッフ

スズメバチなどの種類は大変毒性が強く、場合によっては死に至るケースもあり、早急な駆除が必要です。特に気温が高くなる季節は虫全般の活動が活発になるので肌の露出が増える夏場は特に気をつけねばなりません。

詳しくはこちら