新たな被害|鳩の対策と駆除は専門業者に依頼|国内におけるハチ被害

鳩の対策と駆除は専門業者に依頼|国内におけるハチ被害

新たな被害

作業員

住まいで大発生した南京虫駆除の必要性

昭和の後半まで日本でも害虫として有名だった南京虫ですが、ここ数年で新たな南京虫被害が報告されています。 日本ではほとんどの南京虫駆除をしたので、ほぼ見ることはありませんでしたが、南京虫は海外からの旅行者などの荷物に紛れて、日本にやってくる機会が増えたとみられています。南京虫駆除をするサービスは、害虫駆除業者にお願いすることになります。業者の多くでは、まだ決定的な方法は確立されていませんが、それでも様々な方法で多くの南京虫を駆除しているのです。 現在において主流とされるやり方は南京虫の居場所をさがして、スチームクリーナーの放つ熱で殺傷してしまうやり方が主流になっています。 南京虫は大量に発生すると、非常に厄介なので、適切な南京虫駆除で、住まいや建物からすべての南京虫を駆除するようにしましょう。

南京虫駆除は早いほど簡単になります

南京虫はトコジラミとも言われ、昔から嫌われ者の害虫でしたが、国が積極的に南京虫駆除を実施したので、最近までは見かけることもありませんでした。それが数年前から大流行の兆しが見えてきました。 南京虫は人の皮膚から吸血する害虫で、噛まれると、ひどい痒みや、腫れ、熱が出るなどの症状を引き起こします。 夜行性で、昼間は見ることがないので、噛まれるまで気がつかない場合も多く、発見が遅れる場合もあります。 見つけた場合は迅速な対応が必要で、南京虫駆除をやっている業者を利用して対処するのがいいでしょう。 南京虫はどんどん卵を産んで増殖するので、個人で対応するのは難しくなっていますので、専門的な駆除業者を使ったほうがいい理由になっています。